日々の努力でITインフラの
急速な変化に対応する。

2016年入社 / 倉本 和也

名古屋支店 システム部

現在のお仕事内容を教えてください。

ITシステムの基礎となる仮想化基盤をメインとした、インフラの設計や構築を行っています。仮想化基盤サーバ、ネットワーク機器、ストレージを組み合わせ、エンドユーザーの要求に合うように設計し、実際に構築も実施します。

コンピューターを仮想化するためのソフトウェア(ハイパーバイザ)はVmwareのESXi、vCenterを中心にMicrosoftのHyper-Vなども使用します。また、仮想サーバ上のミドルウエアなどの設計構築も行っています。

取り扱う機器やソフトウェアが多岐にわたるため、幅広い知識が要求される仕事ですが、案件をこなす度に新しい知識が身に付くことにやりがいを感じています。

いつ、どんな志望動機で入社しましたか?

前職ではおもにネットワーク専門のシステム開発に携わっていました。しかし、かねてからサーバやストレージの構築に携わりたいという気持ちが強く、異動の希望も通りそうになかったため転職を考えていました。そんなときに知人から紹介されたのがサン・ライズ・システムズです。仕事の内容を聞いたところ、自分のやりたいことが叶う会社だと感じ、入社を決めました。

これまでどんな業務や現場でキャリアを歩んでこられましたか?

国内ITメーカの保守会社でキャリアをスタートし、おもにオフィスコンピュータの保守などを行なっていました。その後は外資系のITメーカでCE(カスタマーエンジニア)として働き、ITインフラエンジニアを経て、現在に至ります。
CEとして、システムにトラブルが生じた場面で多くのエンドユーザーと対面してきましたが、そのときに身についたコミュニケーションスキルは、現在でも様々な場面で役立っています。

どんな人たちと仕事をしてきましたか?

パートナー会社からの業務委託がメインのため、普段は各パートナー会社の方とともに仕事をしています。その中では、案件の進め方や設計構築に関わる話し合いを行うほか、エンドユーザーやSier(システムインテグレーター)に出向いてミーティングなどにも参加しています。

構築が始まると各地のデータセンターに赴き、構築作業を実施します。一昨年は北陸や北海道、昨年は四国で構築作業を行い、今年は大阪、東京などでの構築が予定されています。

思い出に残る出来事を教えてください。

とあるSlerの仕事をパートナー会社と協力して行った際に、設計や構築の内容について全国1位の評価を頂くことができました。この時は、現地での構築が思い通りにいかず大変苦労しましたが、最終的にはエンドユーザーの満足を得ることができ、Slerの高評価に対してパートナー会社の役員の方がとても喜ばれていたことが印象に残っています。

また、別の案件では事ある毎にエンドユーザーから叱責されながらも、期限内に大きな問題を発生させることなく案件をクローズさせたところ「業務に影響を与えることなく、発生した問題にも素早く対応してくれてありがとう」と感謝の言葉をいただきました。業務はもちろん、そうした人とのつながりにもやりがいを感じています。

サンライズシステムズってどんな会社ですか?

仕事をするうえで縛りが少ない、自由な社風が魅力的な会社です。上司や役員と私たち社員の間に壁はなく、自分の要望を明確に伝えさえすればしっかりと聞き入れてもらえる風通しの良さを感じています。

多くの社員が社外で仕事をしているため社内での交流が難しいのが現実ですが、月1回の支店ミーティングや年1回の社員総会など、社員同士の交流の場も設けられています。

今後の目標を教えてください。

日進月歩で進む昨今のITインフラ業界の流れに取り残されないよう、日々の業務を常に勉強と考え、新しい技術をどんどん吸収すること。また、現在のインフラチームをさらに大きくし、そのチーム内でITインフラの構築やアプリケーションの開発を行うなど、一気通貫の業務請負ができるまで成長させたいとも考えています。

一覧に戻る

COMPANY 会社情報