「創意・挑戦・共有・貢献・希望」を経営のテーマに

ITC Value Creator

TEAM

チーム

システム開発チーム

開発は『やれない、やりたくない』からの脱却。
『どうやれば出来る』を考えられる、チームとしての総合力がある!

チームとしての『総合力』って?

 プロジェクトの形態は多種多様で、一概に”こんな感じですよ”とはなかなか言い表せないところがありますが、大なり小なりチームで対応します。
 チームということは一人ではないため、割と口げんかもあります(笑)
 価値観も違えば、年齢も、性別も、人種も異なるメンバがいるので、仕方のないことですね。ただ、そういったぶつかりあいが出来る環境があること、それが自由な発想を生み、チームとしての総合力を高めているものといつも感じます。
 前にがんがん進むFWタイプもいれば、きっちり調べて取りこぼしを防ぐGKタイプもいます。いろんなタイプがいるからこそ、タイプ別の「やれない、やりたくない」を「どうすれば出来る」に転換していける力と魅力が開発チームにはあると確信しています。

印象に残っている開発は?

 とある大型案件のことです。初体験のフレームワークを使用することに加え、東京、名古屋、北陸と3拠点のメンバで構成されたチームを運営するということに、とてもとても苦労しました。慣れたはずのプロジェクト運営は大失敗の連続で、メンバには心身ともに負担をかけ、社内でも当然厳しい評価を受けました。長く伸びきった鼻を簡単にへし折られました(笑)
 しかし、チームとは、運営とは、を改めて考えさせてもらうことが出来、また、失敗を言及しすぎず、次回の自分に繋げてくれたメンバには感謝以外の言葉がありません。
 当時の経験が今の開発にも活かされていると感じています。